デリバティブとは – 塚越 至

0 コラム

毎日のように見聞きする「デリバティブ」あるいは「デリバティブ取引」の語ですが、これは何を意味し、どのような取引なのか? デリバティブなる語を頻繁に目にしたり聞いたりするようになったのは1980年代のことだったと思われます。しかし、この語が意味する取引は18世紀に始まり、しかもその発端は江戸時代の日本でした。大阪堂島で始まった米の先物取引がそれで、当時の日本は最先端を走っていたことになります。

Read more

キャピタル・ゲインとは – 塚越 至

0 コラム

キャピタル・ゲインまたはロスは「キャピタル資産」の売買によって生じる損益を指します。このキャピタル資産とは、家屋やボート、自動車、金融資産など個人が保有する資産を意味し、絵画や骨董品なども含みます。日本の教科書では「資本資産」と訳されているようですが、「資本財」とは異なる概念で混乱を来たしますで、ここではキャピタル資産と呼びます。 このキャピタル資産には事業資産である売掛金や在庫は除かれますので、その売買に伴う損益はキャピタル・ゲインあるいはロスには該当しません。 また個人が事業目的のために保有する設備や工場施設などもキャピタル資産の対象から除かれています。この事業目的の資産が除かれることがキャピタル資産の理解を混乱させる一因になっていますが、これには歴史的な背景が存在します。

Read more

ベキ分布と想定 – 塚越 至

0 コラム

地震の大きさを表示するマグニチュードは、その値が2大きくなるとエネルギーが千倍になり、4増えるとエネルギーは千倍の千倍で百万倍になります。 今回の震災がマグニチュード9台だったことは、日本では年に100回ほど起きるマグニチュード5クラスの地震の百万倍のエネルギーが放出されたことを震源地に近い被災者は身体で感じたことになります。

Read more

M&A/合弁を成功させるために

0 コラム

Exhibit 1  合弁のライフサイクル 合弁の組成 >> 合弁の運営・成長 >> 合弁の修復 >> 合弁の解消 Exhibit 2  合弁の留意点 • 合弁では、組成だけでなく、運営、修復、解消までのすべてのライフサイクルを考えておくことが重要 • 単独での事業運営とは180°異なる – Control vs Common Purposes/Communication – Set specific goals vs Goals evolve – Short term performance vs Long term relationship...

Read more

米国個人所得税申告書の仕組みと注意点

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. 米国個人所得税の申告について、サンプル記入済みの連邦税務申告書Form 1040を叩き台にし、(1)申告身分について触れた後、(2)収入から始まり最後の税計算に至る申告書の仕組みをご説明し、流れに沿って特に日本人駐在員、日本人永住者にとって関係するような箇所をハイライトして注意点を述べる予定です。

Read more

売り込まなくても売れる!高確率セールス術

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. 革命的なセールス術「High Probability Selling」の著者であるジャック・ワース氏は、ハイプロバビリティー社の代表取締役として 1989年より、セールストレーニング及びコンサルティングを提供している。彼は、 50年以上前から、全世界でもっとも成功しているトップセールスマン達を観察、記録、勉強し、セールス史上初の、全く新しいセールスパラダ*。の、ニューヨース、アントレプルナー誌、サクセス誌をはじめとする30以上の主要業界紙、雑誌各誌が絶賛する。日本語版は、経営コンサルタントの神田昌典氏の監修で2002年に出版。日本の実情に対応した実践編は 2005年に出版 された。(*人が情報を受け取る際のフィルターまたはレンズ。外の世界を見るときに無意識に除いている窓である)

Read more

最近の移民法の動向、雇用者が気をつけなければならない社員のビザや永住権について

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. 米国移民法は、主権を握る政党によって多きく影響する。一昨年から続く経済不況のもと外国人を雇う場合に必要なビザ申請および取得は非常に難しくなっている。また、社員がビザを取得してもその後会社に移民局から突然の監査が入ったりする。その時の対応の方法しだいで、社員のみならず会社にも罰則が及ぶ場合もある。また、雇用の際にもビザの種類と適応範囲がわからないとうっかり不法雇用を犯す場合もある。

Read more

負けない交渉術

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. 優秀かつ真面目で勤勉である日本人や日本企業が企業間競争を進めてきた結果、日本が世界第二位の経済大国になって久しい。しかし、一人当たりのGDPに換算すると他の先進国の後塵を拝するなど、日本人やその実力に見合った十分な成果が得られていない。その成果が得られない原因は日本人が交渉を苦手としていることにある。国際ビジネス社会において売り上げや利益を増やせるか否かは交渉のやり方に大きく左右される。

Read more

米国特許紛争における弁護士の使い方 – 日本企業が陥りやすい誤りと対応について

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. Alliance for Business Professional Services “ABPS”-www.abps-us.org)では、下記の要領で日系企業のトップ経営者、又、幹部の方、その他を対象にシリーズでセミナーを毎月開催いたします。第9回目のセミナーの詳細は次の通りです。   セミナー タイトル:  1.米国特許紛争における弁護士の使い方 - 日本企業が陥りやすい誤りと対応について 2.米国のトレードシークレット(営業秘密)の問題と、その有効的な保護対策について   スピーカー: 渡辺泰秀 (長島・大野・常松法律事務所パートナー) 内藤博久 (Moses & Singerオフカウンセル)

Read more

今だから出来る日本企業の開発マネージメント改革 & まずは市場開拓ありき

0 コラム

ダウンロード:PDF Ver. グローバル化時代の経営課題を解決し日本企業が守りから攻めの経営に転換する切り札としてIPD(Integrated Product Development,統合製品開発マネジメント)を紹介します。1990年代に様々な苦難と業績低下のどん底にあつたIBMを蘇らせた革新ビジネスモデルの“IPD”は、意外にも企業文化の異なる代表的な日本企業でも著しい成果をあげています。

Read more