対米進出のテクニック

No comments

12月11日に大阪駅前のグランフロント大阪にあるナレッジキャピタルと言う施設の中のナレッジサロンにて「対米進出 […]

Read more
交渉で負けない絶対セオリー

交渉で負けない絶対セオリー

No comments

“交渉の本場・ニューヨークで百戦錬磨の日本人弁護士が教える!序盤戦からクロージングまで、交渉ですぐ […]

Read more

「日本は最も戦略描けぬ国」(朝日) – 中村正董

No comments

2011年10月5日 復旦大アメリカ研究センター教授 呉 心伯(ウー・シンポー)「日本は最も戦略描けぬ国」(朝日) - 中村正董(まさのぶ) 中国が外交姿勢を変えてきた。背景にあるのは、国際社会に存在感を強めた自信か。国内の政治事情か。どう読み解き、日本はどう対応するのか。中国は日本をどう位置づけているのか。が朝日のテーマ。呉氏の分析は分かりやすく明快なのでご紹介します。

  1. 中国外交の三つの目標:
    1. 「安定且つ平和的な周辺環境をつくること。」20年前と変わっていない。例えば...

Read more

INDIA JAPAN GLOBAL PARTNERSHIP SUMMIT – 中村正董

No comments

5th, 6th & 7th SEPTEMBER 2011, TOKYO, JAPAN (参加感想) […]

Read more

デリバティブとは – 塚越 至

No comments

毎日のように見聞きする「デリバティブ」あるいは「デリバティブ取引」の語ですが、これは何を意味し、どのような取引なのか? デリバティブなる語を頻繁に目にしたり聞いたりするようになったのは1980年代のことだったと思われます。しかし、この語が意味する取引は18世紀に始まり、しかもその発端は江戸時代の日本でした。大阪堂島で始まった米の先物取引がそれで、当時の日本は最先端を走っていたことになります。

Read more

キャピタル・ゲインとは – 塚越 至

No comments

キャピタル・ゲインまたはロスは「キャピタル資産」の売買によって生じる損益を指します。このキャピタル資産とは、家屋やボート、自動車、金融資産など個人が保有する資産を意味し、絵画や骨董品なども含みます。日本の教科書では「資本資産」と訳されているようですが、「資本財」とは異なる概念で混乱を来たしますで、ここではキャピタル資産と呼びます。 このキャピタル資産には事業資産である売掛金や在庫は除かれますので、その売買に伴う損益はキャピタル・ゲインあるいはロスには該当しません。 また個人が事業目的のために保有する設備や工場施設などもキャピタル資産の対象から除かれています。この事業目的の資産が除かれることがキャピタル資産の理解を混乱させる一因になっていますが、これには歴史的な背景が存在します。

Read more

ベキ分布と想定 – 塚越 至

No comments

地震の大きさを表示するマグニチュードは、その値が2大きくなるとエネルギーが千倍になり、4増えるとエネルギーは千倍の千倍で百万倍になります。 今回の震災がマグニチュード9台だったことは、日本では年に100回ほど起きるマグニチュード5クラスの地震の百万倍のエネルギーが放出されたことを震源地に近い被災者は身体で感じたことになります。

Read more

保護中: セミナー開催のお知らせ – 50マイル圏外退避のインパクト –

No comments

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Read more

50マイル圏外避難のインパクト(その1)- 廣川 謙一

No comments

PDFダウンロード

Read more

「想定外」を考える – 中村正董(まさのぶ)

No comments

今回の東日本大震災では、原発事故に関して、「想定外」が議論の一つに、と言うより、批判の対象になった。「想定外」のことも、事前に予知して、それに備えるべきだった、という議論と、「想定」の在り方に問題があった、とする議論である。 私は、こうした議論の時に、自分がその当時者だったらどうしたか、どうするか、と考える。そして、自分が東電の責任者であっても、「想定外」への準備はできていなかったろう、と考えている。やはり、あの事故は「想定外」だったのである。

Read more