小林 昇 Kobayashi, Noboru

No comments

主な経歴: 東京三菱銀行米州本部人事グループ次長/ 同欧州審査部次長/ シカゴ支店副支店長/ Managing Director, Columbia Consulting Group

現職:
Senior Partner, Nosal Partners LLC

専門分野の紹介及びその他の特筆事項:
1977 年三菱銀行入行。

1983 年に調査部駐在員としてニューヨークに派遣されたが、それを皮切りに通算16 年間米国に在住。 調査部ニューヨーク在籍中は、レーガン大統領が規制緩和・金融自由化を推し進めるなか、金融市場、マクロ経済の調査に専念、ワシントンの連邦準備制度(FRB)、財務省、ブルッキングス研究所等を頻繁に訪問情報収集に努めた。1990 年東京に帰国、本店営業部にて、三菱商事、ソニー等を顧客としてコーポレートファイナンスを担当した。

1994年にシカゴ支店に副支店長として赴任、フォード、モンサント、マクドナルド等の非日系企業、及び、日系の現地進出企業のファイナンスを手がけた。

1997 年にニューヨークの米州本部に転勤、人事・総務担当次長として、三菱銀行、東京銀行の合併に関わり、組織の再編成、年金、保険の統合等に取り組んだ。

2000 年にロンドンの欧州本部に赴任、欧州審査部次長として、欧州の通信、ユーティリティ、小売、卸売り、サービス業界等を担当した。

2002 年に、ニューヨークに戻り、エグゼクテイブサーチ業界に転籍、2008 年より現職。ノザル・パートナーズは、グローバル・トップ20にランクされる中堅のサーチファーム。業界最大のコーン・フェリー社で、CEOプラクティスのヘッドをしていたノザル氏が2005年に起業した。米国国内は殆どの都市をカバー、米国外もワールドワイド・アフィリエートを通じてカバー、グローバルにサーチを展開している。 金融、製造業、サービス、テクノロジー、通信、医薬品、医療、小売、非営利団体等幅広い顧客ベースを有し、スタートアップから、フォーチュン500企業まで広くカバーする。Web サイトはwww.nosalpartners.com

学歴
MBA, Stern School of Business, New York University
慶応大学経済学部卒業

参加団体:
Society for Human Resource Management(“SHRM”)