片山 斐夫 Katayama, Ayao

No comments

主な経歴: Kajima International Inc.(社長)

現職:
TransPac Partners, LLC (日本では 『Transcapital』- トランスキャピタル 株式会社)

専門分野の紹介及び其の他の特筆事項:
建設、開発、不動産 関連の 会社の管理、運営
新会社の設立とその育成には豊富な経験
経済情勢の変化に応じた会社のリストラクチャリングの計画と実施
開発案件の企画立案、資金調達、およびその実施
開発投資案件の評価と実施
アセットマネジメント(資産管理)
不動産投資(REITを含む)案件の評価と実施

略歴:
1938年 台北市に生まれる。東北大学 工学部 建築学科 卒業 1級建築士
1963年 鹿島建設 入社 新宮殿造営工事、富士フィルム本社工事、等多くの建設工事に従事
1974年 Kajima International Inc. (米国鹿島建設) に出向。 同社 建築部長、執行副社長
1988年 同社社長 就任
北米に於ける建設事業の立上げ、整備、発展に寄与。マツダ、三菱クライスラー、 富士いすゞの3大自動車工場、富士写真米国工場、日立半導体工場、GMサターン工場、ロングビーチワールドトレードセンターなど数多くの建設工事を手掛ける。
1996年 同社は全米ランキング 設計施工分野で4位、全売上高で15位になる。
この間 開発、不動産分野にも進出。コンドミニアム、住宅等の自社開発を行う。
1990年 大型流通施設の開発会社 Industrial Development International社
(IDI)を創設、会長に就任。同社をこの分野で全米有数の企業に育てる。
1994年 Kajima Urban Development社(KUD)を設立。開発資金の全額を市場から直接調達する新方式Fee Developmentを提案。タンパ市水族館の開発に成功。以後この方式で ロングビーチ水族館、サンフランシスコ ジャイアンツのボールパークなど多数を開発。現在Fee Development分野でKUD は全米一に成長。
1997年 Kajima International Inc.社長 退任
1998年 TransPac Partners LLC(米国法人)を設立
米国投資ファンドと連携し不良債権の調査や投資、不動産関連投資を行う傍ら
2003年 Transcapital(日本法人トランスキャピタル株式会社)を併設し債務過多に悩む
中小企業の企業再生やM&Aなどを行い今日に到る。
米国の不動産投資信託(REIT)USAA REAL ESTATE EQUITIES、Inc. 社外取締役
米国建設業界関連団体Global Construction Solutions(GCS)会員